高麗神社奉納雅楽



b0325217_17090224.jpg

先日高麗の里を歩く終点にした「高麗神社」にたどり着いた時に
「高麗神社奉納雅楽演奏会」の看板が待っていました。
その場で頂いたパンフには、一流のメンバーの紹介と演目が書かれてありました。
非常に貴重な光景に遭遇したようです。





b0325217_17104170.jpg
鳴り物に、笙・篳篥・笛  日本固有のハーモニー、 純正律。
日本人はこういう音楽を、もっと、もっと、 体感する必要が絶対あります。





b0325217_17113977.jpg



b0325217_17132735.jpg




b0325217_17142570.jpg

本当に、すばらしい。
演目は、「還城楽一具、 げんじょうらくいちぐ」のようです。
舞手の踵の動きがなんとも、妙。
日本的ではないでしょう。  ペッタン・ペッタン・  ふしぎ ふしぎ。







b0325217_17163511.jpg







b0325217_17182360.jpg


b0325217_17172138.jpg






b0325217_17192687.jpg

桜の花が咲いてました。
「じゅうがつざくら」だそうです」。

高麗の里といい、高麗神社といい、
いい空間を散策できました。

今日は、フルートの友達に再会しました。  涙が出ました。
また、 再開するのかも、  ^^、  ^^、
人間の使命とは、   。



















by reica_az | 2014-10-18 18:14 | 街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kounai.exblog.jp/tb/23586733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新宿御苑と大判カメラ 高麗の里を歩く >>